15万円借りたい 借りる

今すぐ15万円借りたい場合はどうすればいい?

今すぐ15万円借りたい場合の方法を教えます

今すぐ15万円借りたい場合の方法今すぐ15万円借りたい緊急事態って結構ありますよね?友達と急に海外旅行に行くことになったけど、旅費15万円かかると言われても困ってしまいます。そこ今すぐ15万円借りたいという方に、最適な方法を紹介します。

まず今すぐ15万円借りたい時に、お金を貸してもらえる金融機関は、大きく分けて2つのタイプに分けられます。
それが消費者金融と銀行カードローンです。

消費者金融は、審査が速く、15万円借りたい時の融資スピードが速い代わりに、金利がやや高いという特徴があります。

一方銀行カードローンは、金利が低い代わりに、審査が厳しく、15万円借りたい時の融資に時間がかかるという特徴があります。

15万円借りたい時の方法 | カードローンおすすめ5選

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
プロミスは30日間無利息と最短1時間融資も可能です

プロミスはお申込みの時に、メールアドレスとWEB明細の登録をすると、30日間は無利息で、お金を借入れ出来ます。 さらにまた最短1時間での融資も対応していて、融資スピードではアコムのカードローンと肩を並べて、最速レベルでお金を借りれるサービスです。

■必要書類:運転免許証(お持ちでない方は「健康保険証」+「1点(例:住民票)」など)
■担保・保証人:不要

実質年率
4.5%~17.8%
借入限度額
500万円まで
審査時間
最短30分回答
融資までの目安
最短1時間融資
アコム
初回のみ最大30日間無利息で最短1時間で融資可能

初めてのご利用契約の方に限り、返済期日を35日間に設定して頂いた場合に、30日間無利息になります。契約をした日の翌日から30日間ですので、契約をしてからすぐにお金を借りないと無利息期間が減ってしまいます。 さらには最短1時間融資も可能になりますので、プロミスと肩を並べて、最速でお金を借りることも可能なのです。

■担保・連帯保証人 :不要
■運転免許証(お持ちでない方は健康保険証等)
※お借入総額によって収入証明書(源泉徴収票など)が必要

実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
1万円~800万円
審査時間
最短30分
融資までの目安
最短1時間融資
モビット
モビットなら来店不要で電話もなし&10秒簡易審査
モビットでは「WEB完結申込」を利用していただければ来店不要で電話もすることなく、郵便物の郵送もありません。 さらに10秒簡易審査は、最小限の必要項目の記入をして頂けるだけで、事前審査結果がわかるので、急いでいたり、忙しい方でも、本審査の前になるべく短時間で事前審査を受けれます。 (注)申し込みの曜日、時間帯によっては、翌日以降のお取り扱いとなるケースもがございます。
実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額
800万円まで
審査時間
本審査は最短30分
融資までの目安
最短即日融資
アイフル
来店不要で,しかも即日融資も可能で、初回のみ30日間無利息
アイフルはキャッシング・カードローンの初回の利用に限定して、30日間の無利息サービスを実施しております。契約日の翌日から30日間になりますので、契約後に即日で借入れをした方が、無利息期間が長く利用できます。 さらに、来店不要で即日融資も可能でありますが、銀行振り込みのケースは平日の14時10分までにご契約を完了してください。お時間がなくて忙しい方には、WEBで申込みをしてから、店舗でカードを発行して受け取っての、即日融資がおすすめです。
実質年率
4.5%~18.0%
借入限度額
500万円以内
審査時間
最短30分
融資までの目安
最短即日融資
新生銀行カードローン レイク
レイクでは2つのタイプでの無利息ローンをご用意しています。
レイク利用の最大のポイントですが、2つのタイプの無利息ローンをご提供している点になります。お金を借りてから30日間無利息あるいは5万円までならば180日間無利息で借入れが可能になります。特に5万円まで180日間無利息のサービスは、他社にはない独自サービスで、長い期間の無利息サービスになるので、ご利用者の方に大変に人気があります。
■必要書類(要審査) : 運転免許証(ない方は健康保険証など),収入証明(契約額に応じて必要とする場合)
■担保・保証人    : 不要
実質年率
4.5%~18.0%
借入限度額
1万円~500万円
審査時間
申込み完了画面に表示
融資までの目安
最短即日融資※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要です。

15万円借りたい時に参考にしたい、カードローンの比較

貸出規制について

また消費者金融は総量規制の対象となるので、年収の3分の1までしか貸してもらえません。

ですから年収の少ない学生などは注意が必要です。また消費者金融は、本人に安定した収入がないと貸してもらえません。

ですから専業主婦の方は、たとえご主人が公務員などの安定した仕事に就いていても、貸してもらえないことが注意点です。
では、今まで1度も金融機関でお金を借りたことがない方のために、どの金融機関で今すぐ15万円借りるのが良いか紹介します。

今すぐ15万円借りたい方におすすめの金融機関は?

15万円借りたい ケースその1まず今日または明日までに今すぐ15万円借りたいという方には、消費者金融が即日審査・即日融資に対応しているので便利です。

大手の消費者金融は、アコム・プロミス・モビット・アイフルの4社あります。どの会社も24時間365日インターネットから申し込みできます。

金利もほぼ同一の約18%となっています。

どの会社も初めての申し込みにはいきなり50万円を超える融資はほとんど不可能ですから、こちらもたいした差はありません。

大手4社から15万円借りたい時に、即日融資を受けるためには、概ね平日14時までに全ての手続きを完了させておく必要があります。また大手4社なら、自動契約機を利用すれば平日14時以降や土日祝日でも、今すぐ15万円借りたい場合に即日融資が可能となります。
このように今すぐ15万円借りたい場合に大手ならたいした違いはありません。大きく違うのが、アコムとプロミス、アイフルには、初めての利用者に対して、30日間の無利息サービスがあることです。

ですから30日以内にボーナスが入るなど、まとまったお金が入るあてがある方は、この3社から今すぐ15万円借りるのがお得です。

25manenkariru16しかしモビットには、4社の中で借金していることが一番ばれにくいシステムが用意されているのです。

それがWEB完結申し込みで、申し込みから融資までインターネットで行うことが可能です。条件は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方が、社会保険証か組合保険証をお持ちの場合となっています。

WEB完結申し込みなら、職場への電話連絡や自宅への郵便物、ローンカードがなく、ばれにくいというわけです。ですから無利息サービスよりも、職場や家族に借金がばれたくないという方に、モビットは最適です。

 

 

15万円借りたい方におすすめの銀行カードローンは?

次に、今すぐ15万円借りたいけれども、融資までに数日かかっていいという時間的余裕のあるケースについて紹介します。この場合、金利が消費者金融より低い銀行カードローンを利用した方がお得です。さらに今回紹介する4社は、15万円借りたいケースの即日融資が可能という銀行カードローンなのです。
みずほ銀行カードローンは、年4~14%のコンフォートプランと、年3.5~7%のエグゼクティブプランがあります。プランは審査によって決定されますが、住宅ローンの利用中ならさらに0.5%引き下げられます。みずほ銀行の口座をお持ちなら、今すぐ15万円借りたい場合の即日融資が可能となります。200万円までは収入証明書類の提出は不要です。

 

15万円借りたい ケースその2三菱東京ufj銀行カードローンバンクイックは、金利が年1.8~14.6%で、200万円までは収入証明書類の提出は不要です。このバンクイックは、三菱東京ufj銀行内などに設置されているテレビ窓口を利用すれば、土日祝日でも15万円借りたい時の即日融資が可能となります。
ネットバンクの楽天銀行カードローンは、金利が年1.9~14.5%で、300万円までは収入証明書類の提出は不要です。20歳以上ならアルバイトをしている学生でも利用できるのが特長です。

 

最後に新生銀行カードローンレイクは、金利が4.5~18%と高めなのですが、2つの無利息サービスがあるのが特長です。初めてレイクを利用される方のために、30日間全額無利息か、180日間5万円分無利息かを選択できるのです。レイクは、もともと消費者金融だったのでほぼ消費者金融と変わらないサービスが受けられる上、総量規制の対象とはならないので消費者金融よりも多額の融資が期待できるのです。
このように今日中に15万円借りたいなら、即日融資できる金融機関が消費者金融だけでなく、銀行カードローンからも登場しています。

 

15万円借りたい ケースその130日以内にまとまったお金が入る予定のある方は、無利息サービスのあるアコムやプロミス、アイフル、レイクを利用するのがお得です。
誰にも借金を知られたくない方なら、モビットが最適です。
低金利で利用したい方や専業主婦の方は、即日融資ができるみずほ銀行カードローンやバンクイック、楽天銀行カードローンを利用すればお得です。

15manenkariru19

はじめての人に推奨するキャッシング業者の見つけ方

『直接訪問無しでキャッシングを謳っているのでしたら、本当に店頭を訪ねていく事が必要ではないのかしら』。そういう疑問に象徴されているように、初心者にしてみれば生まれて初めての体験なので心細いことだらけでしょう。様々な疑問について丁寧に解消しませんか。初めての人の場合、実際に一体どれくらいまでのお金について借財出来るか気がかりでしょう。用立てられる金の制限については勤労形式とか勤務経験、他の業者などから借銭額で変化するので、希望の額面を相手など伝えてみてみましょう。借入の為の基準の中でも年と一緒にとりあげられるポイントは、所得になります。月々の安定である月収が無い場合などはキャッシングの審査に受かることは厄介でしょう。就業先などや所得額、勤続期間で、融資額が決定します。月賦の額も悩ましくなっているビギナーの方も大勢でしょう。借金額によりどのくらい差異があるか、一定額面の借金返済では一体どのくらいのスパンかかるのだろうかなど、こういう肝心なポイントは確実に見極めておきます。即時にでも貸付を要望する際だとしても、当日のキャッシングについては原則なんかが設けられています。申し込み完了した時間が遅かったり、必要な文書について手配がかなわなかった時には、必死にあせっていても借り入れは無理です。その業者が決めた決め事を見極めるようにしましょう。初体験の方にでも信じられる金融機関の要点は、査定や貸し付けのシンプルであるところもあります。しかし、監査の為に重要である契約書とか返済する金額、割賦数などなど多岐にわたる問題でも相談に乗ったりしてくれる組織である点も大事な要点となってきます。自分の眼識で見誤らないようにしましょう。